iFOREX(アイフォレックス)の評判と評価!デメリットも解説

更新日:


公式サイトはこちら

海外FXを始める人の多くは、MT4・MT5・スキャルピング・自動売買・NDD方式・ECN取引を目的とした人が多いだろう。

はじめに断っておくが、iFOREX(アイフォレックス)ではこのいずれも利用できない。

iFOREXは、レバレッジ400倍・少額取引・幅広い取引銘柄・ゼロカット・ボーナス・キャンペーン・日本語サポートに力を入れており、FX初心者が敬遠しがちな複雑なものはできる限り排除されている。

その結果、他社との差別化に成功しており、「敷居が低い」「使いやすい」海外FX業者として、以前から日本人トレーダーには大人気の業者だ。

まずは「iFOREXでの取引に向いている人」「他社で取引したほうが良い人」を明確にしておこう!

iFOREXでの取引をオススメする人

少ない資金ですぐにでもトレードしたい人

ポイントクレジットカードで入金して即トレード可能・レバレッジは最大400倍。最小取引数量は750通貨から。ロスカット率0%。入金ボーナス・キャッシュバックも充実。

デイトレード~中長期でマイペースにトレードをしたい人

ポイント取引手数料無料・スプレッド原則固定なので取引コストが把握しやすい。スワップポイントが好条件。口座資金には最大3%の利息もつく。

通貨・CFD・仮想通貨などいろいろな銘柄を取引したい人

ポイント一つのトレードツールで、さまざまな銘柄の取引が簡単にできる。

日本語サポート重視の海外FX初心者の人

ポイントデモ口座開設や、マンツーマントレーニングを受けることができる。日本人スタッフによる完全日本語サポート・サービスも利用可能。

他社で取引したほうが良い人

クレジットカードを持っていない人

ポイントiFOREXでは、クレジットカードで入出金をしないとコストが高く不便。その他の入出金方法は、海外銀行送金のみ。

自動売買・スキャルピングをする人

ポイント自動売買・スキャルピングは禁止されている。

NDD方式のECN取引がしたい人

ポイント取引形態は、DD方式(相対取引)だ。

MT4・MT5でトレードしたい人

ポイントトレードツールは、独自ツール「FXnet View」のみ。MT4・MT5は使えない。

\ 当サイト限定!全員に10000円プレゼント /

全員に10000円プレゼントの詳細はこちら

iFOREXのメリット5つ

メリット

  • 100%+40%などボーナスが充実!口座資金には利息もつく
  • 取引コストが明瞭!スワップポイントも良心的
  • 独自ツール「FXnet View」でFX・CFD・仮想通貨を同時に簡単取引!
  • ロスカットまでのリスクを把握しやすい!ただしロスカット後は口座残高ゼロ
  • 日本語サポートが完璧!積極的な顧客サポートで初心者も安心

 

100%+40%などボーナスが充実!口座資金には利息もつく

100%+40%ボーナス

最大100%キャッシュバック

年利3%利息キャッシュバック

お友達紹介キャンペーン

iFOREXが常に実施しているプロモーションは、100%+40%ボーナス、最大100%キャッシュバック、年利3%利息キャッシュバック、お友達紹介キャンペーン(ボーナス)の4種類だ。

このうち、100%+40%ボーナス、年利3%利息キャッシュバックの2種類がオススメだ。

最大100%キャッシュバック・お友達紹介キャンペーンは、利用条件が厳しいため、あまりお得ではない。

iFOREXでは、ボーナスのことをトレーディングチケット、キャッシュバックのことをペンディングボーナスとも呼ぶ。

ボーナスとキャッシュバックの主な違いは、簡単に説明すると次の通りだ。

  • ボーナス:取引にしか使えない。出金できない。資金・利益を出金するとボーナス全額消滅。
  • キャッシュバック:取引に使える。いつでも出金可能。

基本的に、ボーナスを使った取引自体に制限はない。

ボーナスを活用して、いくらでも利益が狙えるという点はメリットだ。

ただし、ボーナス・キャッシュバックには、いろいろと諸条件があるため、うまく活用するにはコツが必要である。

 

100%+40%ボーナス

ボーナスの獲得条件

  • 初回入金のみ対象

ボーナスの金額

  • 10万円までは入金額の100%分のボーナスを獲得
  • 200万円までは入金額の40%分のボーナスを獲得

初回入金をすると、10万円までは入金額の100%分のボーナス、200万円までは入金額の40%分のボーナスがもらえる。

iFOREXでは、なるべく最初は多めに資金を入金したほうがお得だ。

獲得したボーナスは、iFOREXで扱う全てのCFD商品の取引で使える。

\ 当サイト限定!全員に10000円プレゼント /

全員に10000円プレゼントの詳細はこちら

 

年利3%利息キャッシュバック

キャッシュバックの獲得条件

  • 新規口座開設者であることと
  • 最後の取引から30日以上経過していないこと
  • 10万円〜1,500万円までの口座資金が対象

キャッシュバックの金額

  • 1日あたりの利息=口座有効証拠金×0.03÷365×1日

年利3%利息キャッシュバックは、口座有効証拠金に対して、毎月3%の利息が現金として口座に振り込まれるプロモーションだ。

「取引はそれほど頻繁にしないが、資金だけはたくさんある」という人に適している。

獲得条件は上記の通りなかなか厳しいものだが、新規注文・決済注文を30日間していなくても、ポジションを一つでも保有していれば対象となる。

 

最大100%キャッシュバック

キャッシュバックの獲得条件

  • 2回目以降の入金が対象
  • 取引をする

キャッシュバックの金額

  • 取引数量に応じて、入金額の最大100%までキャッシュバック
  • 5万通貨あたり1ドルキャッシュバック※

※ iFOREXの独自裁量で決定する

2回目以降の入金に対しても、プロモーションがある。

ただし、ボーナスではなくキャッシュバックだ。

入金すると、初めはキャッシュバックをもらうための権利が与えられる。

その後、入金から90日間の取引数量に応じて、キャッシュバックを受け取ることができる。

キャッシュバックの金額は、トレーダーによっても異なるようだが、一般的に5万通貨あたり1ドルなので、あまりお得ではない。

 

お友達紹介キャンペーン(ボーナス)

ボーナスの獲得条件

  • 友達の初回入金額を基準として、取引数量に応じた以下のボーナスがもらえる。
友達の初回入金額 必要取引数量 ボーナス
自分 友達 自分 友達
$250〜$500 $1,000,000 $1,000,000 $50 $50
$501〜$1,000 $2,000,000 $2,000,000 $100 $50
$1,001〜$2,000 $3,000,000 $3,000,000 $200 $100
$2,001〜$3,000 $5,000,000 $5,000,000 $300 $150
$3,001〜$4,000 $7,000,000 $7,000,000 $400 $200
$4,001以上 $9,000,000 $9,000,000 $500 $250

ボーナスの金額

  • 自分:最大5万円(友達一人あたり)
  • 友達:最大2万5千円

iFOREXを友達に紹介して、一定の取引をするとボーナスがもらえる。

友達が初回入金をすると、自分と友達にボーナスの獲得権利が与えられ、上記の取引数量を達成することでボーナスが与えられる仕組みだ。

友達は最大5人まで紹介可能だが、かなりの数量を取引しなければならないため、あまりお得ではない。

 

取引コストの計算が簡単明瞭!スワップポイントも良心的

FXの取引コストは、取引手数料・スプレッド・スワップポイントの3つだ。

初心者の人が業者選びで失敗するケースの一つに、あとになってから「取引コストが結構高かった!」と気づくことがある。

iFOREXは、この取引コストの計算が簡単明瞭なので、後々、予想外の取引コストで悩むことは少ないだろう。

 

取引手数料無料・スプレッド原則固定

海外FXは、変動制のスプレッドを採用している業者・口座が多い。

変動制のスプレッドは、日常的に大きく拡大するところもあるため、それが積もり積もって予想外にコストがかかってしまうことがあるのだ。

iFOREXは、海外FX業者でありながら、多くの国内FX業者と同じように取引手数料無料・スプレッドは原則固定になっている。

よほどの有事がない限り、大きくスプレッドが開くこともない。

取引コストの計算が非常に簡単明瞭なので、初心者の人も安心だ。

 

他社と1万通貨あたりの取引コストを比較してみよう。

現在、iFOREXの口座タイプは一つしかない。

そのため、似たようなタイプの口座をいくつかピックアップしてみた。

また、参考までに口座タイプの異なるXM Zero口座(ECN口座)とも比較している。

1万通貨あたりの往復手数料・スプレッド・トータルコストの比較
iFOREX
iFOREX
米ドル円
米ドル円
往復手数料 無料 無料 無料 1ドル
スプレッド 90円
(原則固定0.9pips)
120円
(原則固定1.2pips)
160〜180円
(変動制1.6〜1.8pips)
0〜20円
(変動制0.0〜0.2pips)
トータル 90円 120円 160〜180円 110〜130円
ユーロ円
ユーロ円
往復手数料 無料 無料 無料 1ユーロ
スプレッド 120円
(原則固定1.2pips)
140円
(原則固定1.4pips)
220〜250円
(変動制2.2〜2.5pips)
10〜30円
(変動制0.1〜0.3pips)
トータル 120円 140円 220〜250円 134〜154円
ポンド円
ポンド円
往復手数料 無料 無料 無料 1ポンド
スプレッド 250円
(原則固定2.5pips)
190円
(原則固定1.9pips)
310〜360円
(変動制3.1〜3.6pips)
40〜140円
(変動制0.4〜1.4pips)
トータル 250円 190円 310〜360円 184〜284円
豪ドル円
豪ドル円
往復手数料 無料 無料 無料 1豪ドル
スプレッド 300円
(原則固定3pips)
160円
(原則固定1.6pips)
320〜340円
(変動制3.2〜3.4pips)
100〜130円
(変動制1.0〜1.3pips)
トータル 300円 160円 320〜340円 178〜208円
ユーロドル
ユーロドル
往復手数料 無料 無料 無料 1ユーロ
スプレッド 90円
(原則固定0.9pips)
120円
(原則固定1.2pips)
160〜170円
(変動制1.6〜1.7pips)
0〜20円
(変動制0.0〜0.2pips)
トータル 90円 120円 160〜170円 124〜146円

※ 2019年3月1日0時台のスプレッド。トータルは1ドル110円で円換算。
※ XMの取引手数料は、1ロットあたり片道5通貨のため、1ドル110円・1ユーロ124円・1ポンド144円・1豪ドル78円として円換算。

iFOREXとGEMFOREXは、取引手数料無料・スプレッド原則固定だ。

どちらの業者もDD方式(相対取引)を採用しており、業者のディーラーが介入しないNDD方式(Non Dealing Desk)ではないため、取引の透明性は低い。

しかし、iFOREXとGEMFOREXの2社は、相対取引によって安定したスプレッドと約定力を提供できているため、取引コストはある程度事前に把握することができる。

iFOREXのメリットは、初心者向きの通貨ペアである米ドル円・ユーロ円・ユーロドルの取引コストが、非常に安いことにある。

XMのようなスプレッド変動制の口座は、日常的にスプレッドが大きく開くこともあるので、事前に取引コストを把握することがなかなか難しい。

XMのスタンダード口座の場合、取引手数料は無料だが変動制のスプレッドはとても広く、取引コストは4口座の中で最も高い。

XMのXM Zero口座(ECN口座)の場合、スプレッドは非常に狭いのだが、変動制なので大きく拡大することもある。

また、取引手数料も10万通貨あたり片道5ドル(上記の1万通貨では往復1ドルとなる)発生するため、トータルするとそれほどお得ではない。

ただ、XM Zero口座は、約定力が高くサーバーも安定している。

そのため、安定した取引環境で取引するためのサービス料金と割り切って利用すれば、コストパフォーマンスは高いと言えるだろう。

どの口座も一長一短だが、iFOREXならコストをあまり意識せずトレードに集中できるため、初心者にはオススメだ。

 

スワップポイントは支払い・受け取りどちらも好条件

ポジションを保有したまま日をまたぐと、通貨ペアと売買方向によってスワップポイントを「受取り」または「支払い」する。

スワップポイントは日々変動し、同じ通貨ペアでも業者によって金額が異なる。

受取りスワップポイントは利益となるが、支払いスワップポイントは取引コストだ。

代表的な海外FX業者と、1万通貨あたりのスワップポイントの金額を比較してみよう。

1万通貨あたりのスワップポイントの比較
iFOREX
iFOREX
XM
XM
米ドル円
米ドル円
61円 2円 54円
-107円 2円 -115円
ユーロ円
ユーロ円
-35円 -15円 -43円
-17円 -12円 -24円
ポンド円
ポンド円
3円 1円 -4円
-40円 -38円 -74円
豪ドル円
豪ドル円
33円 22円 7円
-66円 -83円 -72円
ユーロドル
ユーロドル
-130円 2円 -136円
79円 2円 67円
南アランド円
南アランド円
14円 -23円 -
-18円 -23円 -
トルコリラ円
トルコリラ円
128円 - -
-137円 - -

※ 2019年2月27日のスワップ。1万通貨、1日あたりの金額。1ドル110円で円換算。

iFOREXは、支払いスワップポイントの金額が他社よりも少なく、反対に受け取りスワップポイントの金額がなかなか高い

特に、トルコリラ円は日本人トレーダーに人気だ。

 

各国の政策金利が変わるなど大きな変化がない限り、スワップポイントの受取り・支払いが逆転することはほぼない。

ただし、初心者の人が日をまたぐトレードをする場合は、念のため注文前にスワップポイントをチェックするようにしておこう。

注文画面の「商品情報」でスワップポイントはチェックできる

 

独自ツール「FXnet View」でFX・CFD・仮想通貨を同時に簡単取引!

通貨ペアは82種類・その他のCFDを合わせると銘柄数は600種類以上!

iFOREXは、取扱い銘柄が600種類以上もあり、他社を圧倒している。

通貨ペアは、クロス円なら14種類、クロスカレンシーまで含めると82種類あり、最大レバレッジ400倍でトレードできる。

通貨ペア(クロス円のみ)

米ドル円
カナダドル円
カナダドル円
ユーロ円
ユーロ円
SGドル円
SGドル円
ポンド円
ポンド円
スイスフラン円
スイスフラン円
NZドル円
NZドル円
南アランド円
南アランド円
豪ドル円
豪ドル円
トルコリラ円
トルコリラ円
香港ドル円
香港ドル円
スウェーデンクローナ円
スウェーデンクローナ円
ノルウェークローネ円
ノルウェークローネ円
デンマーククローネ円
デンマーククローネ円

通貨ペアだけでなく、トヨタやソフトバンクなどの株式も取引できる。

国内の証券会社で日本株を売買するには、口座資金・年齢・取引経験など、さまざまな条件をクリアしなければならず、信用取引のレバレッジも最大3倍までと決まっている。

iFOREXであれば、FXと同じ口座開設条件で、レバレッジは最大20倍で取引可能だ。

そのほかの商品・指数・ETF・仮想通貨も、一つのトレードツールで簡単に取引できるところがありがたい。

仮想通貨取引のためだけに、口座開設する人もいるくらいである。

 

商品

※一部銘柄のみ

指数

※一部銘柄のみ

株式

※一部銘柄のみ

ETF

※一部銘柄のみ

仮想通貨

※一部銘柄のみ

 

シンプルで使いやすい「FXnet View」は初心者向き

「FXnet View」

「FXnet View」トップ画面は実にシンプル

注文画面

注文画面では、注文に必要な情報をまとめてチェックできる

iFOREXの独自トレードツール「FXnet View」は非常に使いやすい。

特に、「海外FXにチャレンジしたいけど、MT4・MT5はちょっと高機能すぎる」という初心者の人には最適だ。

トップ画面には、プライスボードと口座情報しか表示されておらず、実にシンプルな設計になっている。

通貨ペア・商品・指数・株式・ETF・仮想通貨は、全て同じ操作で取引可能だ。

銘柄をクリックすると注文画面が開き、上部に注文方法、下部はミニチャートなどの情報ツールがある。

注文に必要な情報は、この画面一つでまとめてチェックできる。

動作も軽量でサクサク動き、ストレスは感じない。

iOS・Android 用のスマホアプリもリリースされており、スペックと操作性はパソコン版と同じだ。

各画面の詳細は、以下で簡単に解説しているので、参考にしてほしい。

ただし、トレードツールは、人によって好みが分かれるものでもある。

 

直感的で分かりやすい注文方法

成行注文

指値・逆指値・イフダン注文

「新規注文」では、成行での新規注文と、ストップロス・リミットの決済注文、「新規指値注文」では、指値・逆指値の新規注文と、ストップロス・リミットの決済注文が指定可能だ。

組み合わせによっては、いわゆるイフダン注文も可能である。

ストップロスとは損切り設定のこと、リミットとは利食い設定のことだが、これは金額・レートどちらでも指定することができる。

取引数量に応じた必要証拠金なども、すべて日本円で表示されるので非常に分かりやすい。

 

取引に役立つ分かりやすい情報ツールが満載!

チャート

チャート

チャートを見ながら注文ができる

銘柄に対応した「ミニチャート」を見ながら、リアルタイムで注文ができる。

ミニチャートとはいえ、機能に制限はない。

インディケータ・オブジェクトは、MT4・MT5に決して劣らない種類が利用可能だ。

 

市場情報

市場情報

市場情報は取引の判断材料になる

「市場情報」とは、iFOREXの注文状況からマーケットの動向をグラフ化したツールだ。

取引の参考になる。

 

経済カレンダー

経済カレンダー

経済カレンダーもチェックできる

経済カレンダー

イベントの詳細は英語表記

「経済カレンダー」も注文画面で見ることができる。

しかし、各イベントの詳細は、全て英語表記なので注意してもらいたい。

 

シグナル

シグナル

シグナルを利用するためには「iFOREX VIPシグナルサービス」に申込が必要

「iFOREX VIPシグナルサービス」

申込後は、このような予測データを見ることができる

「シグナル」とは、iFOREXの会員専用マーケット情報「iFOREX VIPシグナルサービス」のことだ。

大手投資リサーチプロバイダー「Trading Central SA」が提供する予測データを参照できる。

無料で利用できるが、メールで別途申込が必要だ。

 

商品情報

商品情報

「商品情報」は初心者の人に役立つ情報が満載

「商品情報」では、その銘柄の取引条件やスワップポイントなどを確認できる。

1ピップの利益や取引時間もチェックできるため、FX初心者には嬉しいツールだ。

 

ロスカットまでのリスクを把握しやすい!ただしロスカット後は口座残高ゼロ

iFOREXは、ロスカット率0%だから、ロスカットまでの余力計算が簡単だ!

FXには国内・海外どちらにも、口座残高以上の損失を防ぐためのロスカットという仕組みがある。

含み損が膨れ上がり、証拠金維持率がロスカット率というものを下回ると、ある程度口座に資金を残して全てのポジションを強制決済する仕組みだ。

一般的に、海外FX業者ではロスカット率が20〜50%くらいに設定されているところが多い。

ロスカット率が高いほど、ロスカットまでの余力が少なくなるが、ロスカットされた場合はより多くの資金を口座に残すことができる。

取引をする上では、事前にロスカットまでの余力(リスク)を常に把握しておくことが大切だ。

しかし、ロスカット率・口座残高・注文内容などを考慮して計算するため、FX初心者にとっては少々複雑で面倒なものである。

iFOREXは、ロスカット率が0%になっているお陰で、このロスカットまでのリスク計算が非常にシンプルで簡単だ。

iFOREXでは、ロスカットに備えるためには、口座残高と取引数量だけを考慮していればいい。

iFOREXのロスカット計算

ロスカットまでの値幅 = 口座残高 ÷ 1pipsで動く損益

※ 1pipsで動く損益 = 取引数量 × 0.01

資金1万円で米ドル円を5万通貨取引した場合、20pips = 10,000円 ÷ 500円

資金10万円で米ドル円を20万通貨取引した場合、50pips = 100,000円 ÷ 2,000円

ちなみに、iFOREXを紹介しているブログやサイトでは、「iFOREXはロスカット率が0%なので、他社よりもギリギリまでロスカットに耐えることができる」と紹介されていることが多い。

しかし、これはそれほど大きなメリットではない。

レバレッジ・口座残高・注文内容が同じであれば、ロスカットまでの余力は5pipsしか変わらないからだ。

iFOREX
iFOREX
取引条件 レバレッジ 400倍
ロスカット率 0% 20%
口座残高 10万円
注文内容 売買レート 米ドル円1ドル100円で
新規買い注文
取引数量 10万通貨
必要証拠金 2万5千円
ロスカット
の条件
ロスカット後の
口座残高
0円 5千円
ロスカット時
の評価損
-10万円 -9万5千円
ロスカットまで
の値幅
1円(100pips) 95銭(95pips)

また、iFOREXは、多くの海外FX業者と同じようにゼロカットという仕組みを採用している。

ロスカットが間に合わず、口座残高以上の損失が発生しても、追証と呼ばれる借金を背負うことはない。

ゼロカットは、海外FXでは一般的な保証制度だ。国内FXにはない。

つまり、iFOREXは「ロスカットが間に合わなくても口座残高ゼロ」「ロスカットされても口座残高ゼロ」になると覚えておこう

 

日本語サポートが完璧!積極的な顧客サポートで初心者も安心

iFOREXは、日本人トレーダーとの付き合いが長いため、日本語サポートは完璧である。

ギリシャ在住の日本人スタッフによる、丁寧なサポートを受けることができると評判だ。

 

問い合わせ方法は、コールセンター・メール・ライブチャット・FAXだ。

基本的に24時間営業なのだが、コールセンターとライブチャットの日本語対応は、平日は13〜21時、金曜は19時までなので注意してもらいたい。

 

iFOREXのデメリット3つ

デメリット

  • MT4・MT5が使えない!自動売買・スキャルピングも禁止されている
  • 顧客資産は分別管理されているが保証制度は一切ない!
  • クレジットカード・デビットカードを持っていないと不便!

 

MT4・MT5が使えない!自動売買・スキャルピングも禁止されている

iFOREXのトレードツールは、前述の通り「FXnetView」だけであり、MT4・MT5は使えない。

また、自動売買・スキャルピングも取引規則で禁止されている。

もし、違反した場合は、出金拒否・利益没収・口座凍結にもなりかねないため注意してほしい。

トレードスタイルは、ハイレバレッジのデイトレード〜中長期トレードに適している。

許可されない取引行為

iFOREXは公正な取引をサポートし、遅延価格での取引や価格操作、時間操作など不正な取引や、違法または不当な優位性を得るために利用されるその他の行為などの行為を容認しません。このような行為の例を以下に示します。(ここに記載されるものがすべてではありません)

スキャルピングはわずかな価格の動きで大きな利益を出そうと試みる取引戦略です。この戦略を実行するトレーダーは、小さな価格変動は大きなものに比べて捉えやすいという考えに基づき、1日に10から数百に及ぶ取引を行います。

オートメーション(例えばEAS)またはアルゴリズミック取引は、注文の時間、価格、量などの変数を事前にプログラムされた取引指示を実行するアルゴリズムで取引注文を入力するために電子プラットフォームを使用することであり、多くの場合人間の介入なしに「ロボット」が注文を起動します。

API取引はアプリケーション·プログラミング·インタフェースで、他のプログラムと相互作用するソフトウェアプログラムを使用したすべての取引のことです。APIはトレーダーと市場の間の仲介者として機能し、必要に応じて注文を中継し、情報を検索します。

iFOREX 取引条件 追加取引規則

 

顧客資産は分別管理されているが保証制度は一切ない!

日本人向けの金融ライセンスは、英国領バージン諸島金融サービス委員会の金融ライセンスが適用される。

子会社では、その他にキプロス証券取引委員会(CySEC) の金融ライセンスを保有しているため、iFOREXグループ全体としてみれば、会社の信頼性は高いと言える。

ただし、顧客資産を保護する法律・制度が一切ない。

顧客資産は、イギリスの「Mizrahi Tefahot Bank」において、業者資産と顧客資産は明確に分別管理されているものの、国内FXのような信託保全スキームは導入していないため、業者破綻時に資金が全額返還される保証はないので注意してもらいたい。

XM(XM Trading)などは独自に保険に加入しており、100万ドルまでカバーしてくれる。

iFOREXは、少額資金で短期間付き合う分には問題ないが、長くメインの取引業者として利用するには不安がある。

金融ライセンスは英国領バージン諸島金融サービス委員会で取得済

 

クレジットカード・デビットカードを持っていないと不便!

iFOREXは、クレジットカード・デビットカードを持っていないと入出金が不便だ。

持っていなくても口座開設・取引はできるが、入出金コストが高く、口座反映にも時間がかかる。

詳しくは「iFOREXは出金拒否なし!出金はクレジットカード・デビットカードがベスト」で後述する。

 

iFOREXでトレードを始める前に

デモトレードをしてみよう

iFOREX公式サイトからは、デモ口座を開設できないから注意してくれ!

iFOREXの公式サイトには、デモ口座の申込みフォームがどこにもないが、デモトレードは可能だ。

デモ口座開設の条件は、リアル口座開設・初回入金・本人確認書類を提出すること。

その後、電話・メールどちらかで、iFOREX担当者にデモ口座開設希望と伝えればいい。

5,000ドルのバーチャルマネーが入ったデモ口座を開設してもらえる。

もちろん他社と同じように、デモ口座はリアル口座とは約定力が異なるため、あくまでもトレードの練習として利用してほしい。

ただ、デモトレードとはいえ、初心者の人はなるべく実際の資金を使っていると想定し、緊張感を持ってトレードしたほうがいい。

リアル口座では、大きな損失を抱えたときなどに、焦って判断ミスをしてしまいがちだ。

冷静なトレードをするためのトレーニングにも、デモ口座は活用できる。

また、口座開設後しばらくすると、iFOREXからさまざまなメールが届くようになるが、そのメールの中にもたいていデモ口座の案内が明記されている。

メールでデモ口座希望と返信すれば、その他にもさまざまな特典をつけてもらえることがあるので活用してみよう。

 

入出金方法について理解しよう

入出金方法と、必要書類もチェックしておこう!

まず、入出金をするためには、リアル口座開設時に必要書類を提出して本人認証が必要だ。

 

本人認証に必要な書類

以前、iFOREXでは、クレジットカードのみ、または身分証明書とクレジットカードのみで口座開設ができた緩い時期もあったが、現在は不正や犯罪防止の観点から本人認証が厳しくなった。

口座開設の際には、以下の3つの書類の画像データが必要なので、事前に準備してくれ。

クレジットカードは必須ではないのだが、iFOREXの入出金にはクレジットカード以外は適さない。

必要書類の画像データ

身分証明書の画像
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
現住所確認書類の画像
  • 公共料金請求書
  • 各種税金納付書
  • 住民票
入金に利用するクレジットカード両面画像
  • 表面:最初の12桁は隠す
  • 裏面:3桁または4桁のCVV番号は隠す

 

iFOREXは出金拒否なし!出金はクレジットカード・デビットカードがベスト

iFOREXは出金拒否をしないことで有名だ。入金はクレジットカードまたはデビットカード、利益の出金は10万円以上の金額を指定し、多くても月に3回までがベストだ!
入金 出金
手数料 反映時間 手数料 反映時間
クレジットカード
デビットカード
無料 即時 条件あり
(注1)
3〜10営業日
海外銀行送金 条件あり
(注2)
即時 条件あり
(注3)
2〜5営業日

iFOREXの入出金方法は、クレジットカード・デビットカード、または海外銀行送金の2種類しかない。

利用できるクレジットカード・デビットカードは、VISA、MasterCard、JCB、DISCOVER、Dinersの5種類だ。

口座への反映時間は、入金は即時だが出金には結構時間がかかる。

また、入出金手数料は、クレジットカード・デビットカードでの入金以外は、別途以下の手数料が発生するので注意してもらいたい。

注1:クレジットカード・デビットカードでの出金

入金額(資金分)まではショッピングキャンセル扱い・手数料無料

  • クレジットカード締日以前の出金:請求なし
  • クレジットカード締日以降の出金:請求確定・翌月同額返金

入金額を超える部分(利益分)の出金は海外銀行送金・手数料発生

  • 10万円以下の出金:出金1回につき一律2,000円+最低2,500円※
  • 10万円以上の出金:毎月3回まで手数料無料+最低2,500円※

※受取銀行側のリフティングチャージ手数料。送金額によって異なる。

注2:海外銀行送金での入金
  • iFOREX側の手数料は無料
  • 送金銀行側の振込手数料自己負担。
注3:海外銀行送金での出金
  • 10万円以下の出金:出金1回につき一律2,000円+最低2,500円※
  • 10万円以上の出金:毎月3回まで手数料無料+最低2,500円※

※受取銀行側のリフティングチャージ手数料。送金額によって異なる。

iFOREXでクレジットカードまたはデビットカードが必須と冒頭で述べたのは、入金手数料無料・即時反映だからだ。

海外銀行送金で入金すると、送金手数料がかなり高いのでオススメしない。

出金については、クレジットカードまたはデビットカード入金額までは手数料無料だが、利益分の出金はどう頑張っても最低2,500円のリフティングチャージを負担することに注意してもらいたい。

特に、10万円以下の少額出金をすると、最低4,500円の手数料が発生するため、それ以下の金額を指定してしまうと不足額が発生してしまう。

このように、iFOREXは入出金方法が少なく口座反映にも時間がかかるため、不満を感じて他社に移る人もいる。

しかし、出金拒否のない業者としては有名であり、数百万〜数千万円の利益を出金も可能だ。

入出金については、利便性は良くないが、信頼性は高いので安心してもらいたい。

 

初回入金ボーナスの存在を忘れないようにしよう

最後に、初回入金の金額について述べておく。

前述した通り、iFOREXでは初回入金に対し高額のボーナスがもらえる

そのため、デモ口座を利用したいからといって、とりあえず少額だけ入金してしまうと損をする。

iFOREXの初回入金は、ある程度まとまった金額を入金した方が良い。

初回入金ボーナスは、10万円までは入金額の100%分のボーナス、200万円までは入金額の40%分のボーナスがもらえるため、計画的な入金をオススメする。

\ 当サイト限定!全員に10000円プレゼント /

全員に10000円プレゼントの詳細はこちら

-海外FX口座

Copyright© ハイレバ!海外FX口座で1億稼ぐブログ , 2019 All Rights Reserved.